今日の心の糧

今日の心の糧をメールでも配信しております。ご希望の方はこちらからお申し込みください。

今月のラジオ放送の執筆者をお知りになりたい方はこちらをご覧下さい。

坪井木の実
 

ナレーターの坪井木の実さん

このページに心のともしびラジオ番組の話がでます。
毎日お話が変わります。


▲をクリックすると音声で聞こえます。

『今日の』祈り

片柳 弘史 神父

今日の心の糧イメージ  朝のミサを終えた後、わたしは聖堂に戻って5分ほど静かに祈ることにしている。今日一日に果たすべき使命を思い巡らし、そのために必要な力を神に願うためだ。

 幼稚園の子どもたちに、今日も神様の愛を伝えられますように。刑務所の受刑者たちの心に、今日も希望の光をともせますように。教会に集う人々の、心の支えになれますように、などと祈っていって、最後はいつも「今日果たすべき使命を、精いっぱい果たすことができますように」と締めくくる。

 先のことまで心配して祈り始めればきりがない。教会が抱えている様々な問題のこと、自分自身のこれからのことなど、気がかりなことはいくらでもある。だが、あまり先のことまでは考えないようにしている。「今日一日、自分にできる限りのことを精一杯にしていれば、必ず道は開ける。神様が一番よい道を準備して下さる」と確信しているからだ。実際、どんなに先のことを考えたとしても、わたしたちが実際に変えられるのは今日だけだ。今日という日が積み重なって、未来を作ってゆく。先のことを心配するために今日を使ってしまい、今日すべきことをしなければ、未来はいつまでたってもやって来ない。わたしは、そう考えることにしている。

 「明日のことまで思い悩むな。その日の苦労は、その日だけで十分である」と、イエス・キリストは言っている。(マタイ6・34)一日一日を精一杯に生きていれば、先のことは必ず神様がなんとかしてくださる。何も心配する必要などない、ということだ。先のことは神様の手に委ね、今日一日にすべてをかけて、与えられた使命を精一杯に果たしてゆく。それが、わたしたちにできる最善のことであり、一番幸せな生き方なのではないだろうか。