今日の心の糧

今日の心の糧をメールでも配信しております。ご希望の方はこちらからお申し込みください。

今月のラジオ放送の執筆者をお知りになりたい方はこちらをご覧下さい。

坪井木の実
 

ナレーターの坪井木の実さん

このページに心のともしびラジオ番組の話がでます。
毎日お話が変わります。


▲をクリックすると音声で聞こえます。

新たな一歩

崔 友本枝

今日の心の糧イメージ 仕事や人との関係で難しい局面にぶつかる時、神を賛美すると新たな一歩を踏み出せる。

「賛美の祈り」はあまり聞かない言葉だろう。しかし、聖書には賛美するたくさんの人を見いだせる。賛美とは、神が私たちのためにしてくださったことをほめたたえることで、賛美を始めると喜びがあふれて歌や踊りになる。

たとえば、「出エジプト」のとき。400年も奴隷だったイスラエルの民が、モーセを通してエジプトから脱出したとき、人々はタンバリンをもって神をほめたたえた。小羊が身代わりとなって長男が殺されずにすんだこと、海が2つに割れ、乾いた地を歩いて渡った奇跡など、神さまの業をほめたたえる。

さて、私たちも問題がある時に、神さまの手によるならばどんなことも解決できるという信仰を持ち、先取りして神をほめたたえることだ。すると素晴らしい解決がやって来る。私はそれを何度も体験した。なぜそうなるのだろう。

問題に目を留めてくよくよと心配し、不平不満を言っている時は神を忘れ、問題を心の中心に君臨させている状態になる。これは、両腕で悩みをかかえ込んで誰にも渡さない、という姿勢だ。

反対に、神さまは私たちを心配してくださる天のお父ちゃんだと信頼すると、心の中心に神さまを君臨させることになる。問題をかかえ込むのではなく、手を広げて、「神さま、あなたにこのことを委ねます。最善の道を教えてください」という姿勢になる。すると、私たちの自由意志を尊重なさる神は、これをしっかりと引き受けてくださる。

祈り続けるうちに自分は何をするべきかがわかってくる。

こうして新たな一歩が始まる。