今日の心の糧

今日の心の糧をメールでも配信しております。ご希望の方はこちらからお申し込みください。

今月のラジオ放送の執筆者をお知りになりたい方はこちらをご覧下さい。

坪井木の実
 

ナレーターの坪井木の実さん

このページに心のともしびラジオ番組の話がでます。
毎日お話が変わります。


▲をクリックすると音声で聞こえます。

自分らしく

今井 美沙子

今日の心の糧イメージ 私は母に似ておしゃべりである。母は世間話の名人といわれるほど、しゃべることが得意な人であった。しかし、おしゃべりではあったが、人の悪口などは一切いわなかった。人を楽しませるような面白いことをいってまわりの人を和ませた。

しかし、その母も晩年、脳梗塞で倒れ、スムーズにおしゃべりが出来なくなった。

その時、母は嘆き悲しんだかというと、そうではなく、天国へ行くにはこの世で犠牲を払わないといけないといって、死ぬまで「しゃべり断ち」を素直に受け入れた。

その姿は見事であった。

夫は、私が近所まで買い物に出かける背中に「美沙子、あちこちでしゃべらんと、まっすぐ家に帰って来いや」と声をかけてくる。

スーパーへ行っても郵便局へ行っても知り合いが多く、何やかやと声をかけられ、時には夫の言葉を忘れ、おしゃべりに興じる。

夫は「美沙子がしゃべらなくなったら病気やな。まあ、しゃべっているのは元気な証拠やな」となかば諦めてくれている。

2年数ヶ月前、大腸ガンの手術をしてから、数ヶ月に一度の割合で口内炎と舌炎になり、その時にはしゃべれなくて、夫や息子とも筆談になる。免疫力のおとろえが一番の原因のようである。そんな時は「ひょっとしたら舌ガンかもしれない」と不安になるが、2週間ほどすると治るので、ガンではない。

それの繰り返しなので、しゃべれない時には晩年の母のように、無言の犠牲を払っていると思って、心の中でイエズス・マリア・ヨゼフさまとおしゃべりすることにしている。

凡人の私は、今のところ、そんな小さな犠牲しか払えないが、いづれ、大きな犠牲を神さまに与えられる時の予行演習と思っている。