今日の心の糧

今日の心の糧をメールでも配信しております。ご希望の方はこちらからお申し込みください。

今月のラジオ放送の執筆者をお知りになりたい方はこちらをご覧下さい。

坪井木の実
 

ナレーターの坪井木の実さん

このページに心のともしびラジオ番組の話がでます。
毎日お話が変わります。


▲をクリックすると音声で聞こえます。

クリスマスに学ぶ

新井 紀子

今日の心の糧イメージ 母に聞いたことがありました。

「結婚してから今までで、一番つらかったことはなあに」

母はすぐに答えました。

「それはね、お父さんが戦争に行ったことよ。幼かった子供2人を抱えて、1人でどうしようかと心細かったわ。空襲で爆弾が落とされると、2人の子供を抱きしめて逃げまわったの。あんなことは2度と起こってほしくないわ」

そんな体験があったせいでしょう。父も、母も家族揃って頂く食事というものをとても大切にしていました。特に私たち4人姉妹の誕生日には、家族揃って祝ってくれました。姉の誕生日には姉の好きなサバの味噌煮を、私の誕生日には、サツマイモで茶巾饅頭を作ってくれました。そんな母の心使いが嬉しくて、家族の誕生日が待ちどおしかったものです。

クリスマスの日になると、例年母はお祝いの食事を用意してくれました。父が頼んでおいたケーキも届きます。私の興奮は最高潮です。

私が小学4年のクリスマスイブのことでした。祖父が病で倒れ、父と母は、病院へ飛んでいきました。私たち姉妹だけが家に取り残されたのです。様々な御馳走と大きなケーキが用意されていました。

「仲良く食べなさい」父と母は言いました。しかし、夕食の時間になっても、姉妹だけでは食べる気持ちになりません。姉たちも妹も食べ始めようとは言いません。祖父の具合も心配です。いつも取り合って食べるケーキも手を付ける気になりません。

私は子供ながらに気が付きました。家族揃って祝うからこそクリスマスは楽しいんだ。家族がばらばらのクリスマスはなんと寂しいのだろう。クリスマスの夜は更けていきます。しかし、父と母は帰ってきません。こんな寂しいクリスマスイブは初めてのことです 夜の闇が深く、私たち姉妹を包むのでした。