今日の心の糧

今日の心の糧をメールでも配信しております。ご希望の方はこちらからお申し込みください。

今月のラジオ放送の執筆者をお知りになりたい方はこちらをご覧下さい。

坪井木の実
 

ナレーターの坪井木の実さん

このページに心のともしびラジオ番組の話がでます。
毎日お話が変わります。


▲をクリックすると音声で聞こえます。

つながり

シスター渡辺 和子

今日の心の糧イメージ 「愛は溢れゆく」と言われています。

1人の長距離トラックの運転手が、自分の体験を投書していました。

「その日、自分は夜っぴて運転し続けて、後少しで目的地に到着するはずでした。朝の7時頃だったでしょうか、目の前を1人の小学生が、黄色い旗を手にして横断歩道を渡り始めたのです」

運転手は疲れもあってでしょう。いまいましく思い、急ブレーキをかけてトラックをとめました。ところが、その小学生は渡り終えた時、高い運転台を見上げて、運転手に軽く頭を下げ、「ありがとう」と言ったのだそうです。

「わたしは恥ずかしかった。そして決心したのです。これからは横断歩道の前では徐行しよう。そして、もし道を渡る人がいたら、渡り終わるまで待ち、笑顔で見送ろう」

ほほえみ、優しさ、愛は、このようにつながってゆき、溢れてゆくのです。運転手に笑顔で見送られた人は、嬉しくなって、多分、言葉も、態度も、その日1日優しくなったことでしょう。

マザーテレサが言われました。「自分がしていることは、一滴の水のように小さなことかも知れないが、この一滴なしに大海は成り立たないのですよ」さらに、「自分は、いわゆる偉大なことはできないが、小さなことの一つひとつに、大きな愛をこめることはできます」

小学生の笑顔と、「ありがとう」のひとことは、それ自体は小さな行いです。しかし、それが次の人につながっていって、相手の心を優しくし、その優しさが溢れていって、社会に、家庭に、平和をつくり出してゆくのではないでしょうか。